ふくしまでの就職・転職を支援する新しいサイト

就活ノートを作ろう

自分なりに就活ノートをまとめておくと、エントリーシートや履歴書を書くとき、面接のときなどに役に立ち、自身をもって就活に臨めます。業界研究や企業研究ノートとしても活用できるよう、就活用にノートを準備しましょう。

自己分析してみよう

自分の長所を書き出してみる

能力 集中力・忍耐力・体力・自己管理力・適応力・コミュニケーション力・創造力等
性格 協調性・積極性・責任感・向上心・社交的・明朗・几帳面・負けず嫌い・冷静等
その他 その他知識、資格、特技など

他己分析してもらう

自分では気づいていない長所も多いので家族や友人、知人に他己分析してもらう。

 

学生時代に一番打ち込んだこと、努力したことは何か。

いきなりひとつに絞り込まず、できるだけ多く書き出そう

学業、サークル活動(サークルの立ち上げ、サークルでの役職、サークル内等での企画立案等)アルバイト(アルバイトでの自分の役割、力を入れたこと、スキルアップ、苦手克服等)ボランティア(ボランティア活動で得たもの、意識の向上等)、資格取得、インターンシップ、趣味、特技等々。

 

学生時代に所属していた集団(ゼミ、サークル、クラブ、委員会等)の中で、どんな役割をしていたか、その集団にどう貢献していたか。

打ち込んだこと、努力したこと同様にできるだけ多く書き出そう。

 

困難に直面したとき、どう乗り越えたか。

地味なことでも小さなことでも書き出そう。アピールの仕方しだいで高評価につながる。

 

働くことの意味を考える

まず、働くことで得られるものを書き出そう

お金を稼ぐことができる、将来の夢をかなえる、自分の能力を高める、社会貢献ができる、社会的に認められる等々。

次に、より具体的に書いてみる

なりたい職業、好きなこと・もの、やってみたいこと、手に入れたいもの、住みたい所、将来実現したいこと等。

 

企業を選ぶ

自分が企業を選ぶ際、まず何を重視するのか、基準を設定する。

<企業選択で重視するものを選んで、選んだものに順位をつけてみよう>

  • 14c90f83a4644972a81941412d9dbfe2_s知名度が高い
  • 企業理念、経営方針に共感できる
  • 専門知識や資格を生かせる
  • 業界トップクラス
  • 成長分野の事業部門がある
  • 自分がやりたい仕事
  • 自分が好きな商品やサービスを扱っている
  • 経済状況にあまり影響されない商品やサービスを扱っている
  • 業績が伸びている
  • 離職率が低い
  • 理想の先輩がいる
  • 研修制度が充実している
  • 給料が高い
  • 休日・休暇が多い
  • 女性が働きやすい(産休・育休などが取り易い環境)
  • 社内(社員)の雰囲気がよい
  • 福利厚生、社員制度などが充実している
  • 将来起業や転職(キャリアアップ)を考えていて内容が合致している
  • その他、自分が考える基準があれば書き出す
上位5つぐらいに絞り込み、企業選びの基準(めやす)にしよう。
※合同企業説明会、会社訪問、OB・OG訪問など就職活動を進めていくと、基準にした優先順位が変わってくることはもちろんあります。何度でも企業選びの基準を設定し直して自分に合った企業を見つけましょう。

 

志望する企業の情報収集

情報収集?・・・では、どうやって企業の情報を集めればいいのだろう?

  • 企業のホームページをチェックする
  • 企業の会社案内パンフレット等の資料をもらう
  • 上場企業なら四季報を参考にしたり、大手企業は書籍、雑誌等に載っていることもあるので目を通す→大手企業志望ではなくても業界研究につながるのでビジネス雑誌などを参考にすると役立つ
  • 会社説明会に参加する
  • 会社訪問、OB・OG訪問をして実際に働いている社員や先輩から話を聞く
  • 事業内容を把握するための行動をする(実際に商品やサービスに触れてみる)
    例えば:

    • 小売業なら店舗に行ってみる
    • 飲食店舗を運営しているなら食事に行ってみる
    • 製造業なら販売店等で製品を手にとってみる
    • 金融業なら店舗窓口のサービスを利用してみる

    など。

※企業のホームページやパンフレットからの情報(企業理念や社長の名前、事業内容、経営データ、経営計画等)は基本中の基本です。会社訪問やOB・OG訪問すれば、話を伺うだけでなく社内の様子がわかります。また実際に商品やサービスに触れるなどの体験をして、働いている人や接客の様子、商品の陳列の仕方などを知ることも企業研究のひとつです。

 

志望する企業と競合する他社の情報収集

他社の情報?・・・志望する企業の他社との違いを知るために必要!

他社ではなく、なぜそこ(志望企業)がよいのか、明確に説明できるようにしよう。

 

社風や社内制度について

自分に合わない社風の企業に就職してしまった場合、仕事がストレスになってしまい体調を崩したり、早期退職へとつながってしまうといったことも。そのためにも企業研究を進めるなかで社風を知ることは大切です。また、さまざまな研修制度や、資格取得のための支援など、社員に対する制度を設けている企業も多いので、就職した際の働きやすさを考える上で社内制度を知ることも企業研究のポイントのひとつといえるでしょう。

☆福島キャリアナビに登録して就活ノートを作ろう!☆

閲覧履歴から簡単に企業ごとの就活ノートが作れます。下のオレンジ色の文字をクリックして今すぐ登録!

 

会員登録するとマイメニューから就活ノートが簡単に作れます!

マイページログイン

MyPage Login

新規会員登録はこちら
県内企業一覧
就活お役立ち情報
OB・OG情報一覧
就職情報誌「ふくしまキャリアナビ」
インターンシップ
Top